極上!さんない温泉

青森市には県庁所在市とは思えないくらい天然温泉がたくさんあります。寿司と並んで青森市の自慢だと思うのですが、他県ではほとんど知られていないようです。青森市を観光するならば寿司と温泉ですよ! (つくづく青森市は観光資源を生かしていないなと思います。)
残念ながら温泉にさほど関心がないので、当ブログでは温泉を扱った記事はほとんどありません。青森の温泉については、他のブログや温泉情報サイトなどを是非ご訪問下さい。
最近ずっと肩こりや腰痛に悩まされていたのですが、青森市内のとある温泉に出かけたらバシッと効いた模様です。

その温泉とは、知る人ぞ知る「さんない温泉」です。青森市内に位置しながら、成分総計14,680mg/kgという国内でも稀に見る高濃度を誇る温泉なのです。
青森ICの近くに位置していますが、道が入り組んでいて分かりにくい場所にあります。道路地図などをよく見てお出かけ下さい。
入口に自動券売機があるので、そこで入湯料を支払います。正確な料金は失念しましたが400円以下でした。若干さびれたような雰囲気で、脱衣所に行ってみると、温泉の影響でコインロッカーは錆びてしまい、おそらく使用不能です。貴重品は受付で預かってもらうか、鍵付きの下駄箱をロッカー代わりにしましょう。

いざ湯船に向かうと、湯船が大きいこと! いわゆる千人風呂です。お湯は黄緑色に濁っていて、湯気からしてしょっぱそうな雰囲気。黄緑色の温泉なんて初めて見ました。硫黄系の香りも少々漂って、とにかく効きそうな印象です。
お湯は熱すぎることもなく適温で、浸かっているとジワリと肩もほぐれる気分。湯当たりが心配になるほど強いお湯なので、長湯はできない感じです。お湯がとにかく濃度満点なので、顔にかかると目にしみるほどです。ちょっとだけお湯をなめてみましたが、しょっぱいお湯でした。浴槽の底は析出物のためなのかボコボコして痛いです(スゴイ)。
さんない温泉の名物は「トド」です。あまりに極楽なので、お湯の周りでトドのように寝そべっている人がいるのです。これもお湯が濃くて冷めにくいからできることですね。
風呂から上がった後もポカポカ。家に帰ってそのままゴロン。かなりリラックスできました。スグ近くにある極上天然温泉、これは相当な贅沢だと思いますよ。
 
さんない温泉
青森市三内字沢部306-1
017-766-0185
7:00〜21:00