津軽ラーメンの殿堂・まるかい


青森の代表的なラーメンにもかかわらず、賛否は真っ二つに分かれる「まるかい(マル海ラーメン)」。いろいろな意味で象徴的な「津軽ラーメン」を体験できます。お昼時になると常連客でごった返す大人気店。熱狂的なファンは毎日のように通い、苦手な人は二度と行かない、そんな極端なお店。
観光物産館アスパムのすぐ近くにあり、周辺を通るとダシのいい匂いが漂っています。青森初心者の頃、近くに蕎麦屋さんがあると思って入店し、独特な雰囲気に完全に飲まれた記憶があります。容赦ない津軽訛りも初心者には厳しいものがあります。
店内はかなり広く、テーブル席がいくつも並んでいます。席数は多いですが、お昼時は適当に相席となります。店に入るとイキナリ「ご注文は?」と聞かれますが、メニューは醤油ラーメンの「大」(600円)と「中」(550円)のみ。初心者は「中」と答えましょう。注文が終わったら好きな席に着いて待ちます。慣れてくると入店と同時に「大!」と大きな声で発するようになります。

醤油ラーメンの「中」(550円)。
「まるかい」を一言で表現すると「テキトー」。「適当」という言葉が持つ二律背反的な意味、「いいかげん」と「程好い」が同居しています。注文した順にラーメンが来ない、毎度具の量や味が異なる、妙にそっけない客あしらい・・・まさに「いいかげん」です。
麺はかんすいを使わない自家製太麺。まるで細いうどんのようです。鳥取境港産特撰アゴ煮干と香川「マルキン醤油」を使ったスープ(つゆ?)は、ダシが強く効いていて煮干由来の酸味があります。醤油も濃い目に効いて、味はしょっぱめです。
ラーメンらしくない太麺と個性の強いダシのコラボは、「程好い」加減に仕上がっています。麺もスープも個性的なので、賛否を分けるところでしょう。柔らかくて甘みも程好いメンマ、程好くしょっぱめなチャーシュー、程好いアクセントを加える青ネギ。どれも適当に散らされています。
賛否両論真っ二つ。未踏の方は一度訪問する価値があるかもしれません。
 
まるかい (マル海ラーメン)
017-722-4104
青森市安方2-2-16
10:30〜21:00
日曜休